輸出業務に利用したい

部署や担当者でインボイスの書き方が違う。
統一した書式でインボイスやパッキングリストを発行したい。

アイジスを導入することで、出張先や別の拠点、在宅ワークでもブラウザから常に同じ書式のインボイスを発行できます。

輸出業務の外貨の受注残管理もしたい。

受注管理機能で外貨の受注実績、受注残状況を把握し、毎月の売上データを円換算して基幹システムに送信します。

輸入業務に利用したい

輸入部の在庫金額の円貨の集計が手間。諸掛費用を在庫金額に計上したい。

諸掛費用と仕入伝票をつきあわせて、費用込みの在庫金額も円貨ですぐに計算します。また、出荷管理から国内用の納品書や月締請求書も発行できます。

入荷する品目が多くて仕入の入力に時間がかかり、帳簿と実在庫の状況がズレてしまう。

アイジスでPurchase Orderを作成、仕入は発注情報の商品を選択するだけで終了です。在庫表にもすぐに反映します。

とにかく伝票入力の手間を減らしたい

インボイスの明細数が多く、台帳や管理システムの入力も入力後のチェック作業にも時間がかかる。

輸出先からメールで受け取ったPurchase OrderのPDFを、そのまま指定のメールアドレスに転送するだけでpdfの内容がアイジスに転記されます。書類のレイアウトは問いません。国内の発注書も対応しています。

省略された商品名でも、名前が近い商品情報を検索して自動で提案します。また、過去の取引履歴をもとに、異常な単価、金額がないかチェックします。インボイス、納品書はチェック済みの受注明細から作れるので転記のミスがありません。