外貨のまま売掛残、買掛残を管理できますか

売掛残、買掛残は取引通貨で管理可能です。基準通貨の残高は取引時点の計上レートで計算します。

INVOICEに自社のロゴをつけたい。レイアウトを一部変更できますか

書類のレイアウトテンプレートは必要に応じて追加が可能です。複数のレイアウトを登録している場合、どのレイアウトで出力するか選択できます。

書類テンプレートの編集・追加は自由に行えますか

レイアウトのマスター画面から編集、追加が可能です。ご自身での編集が難しい場合は弊社にて代理で追加、編集を承ります(有償サポート)。

国内向けの納品書は軽減税率に対応していますか

納品書は軽減税率と通常税率の品目を混載できます。適格請求書の基準に沿ったレイアウトになっています。

入荷ロット別に原価を管理できますか

初期設定で個別原価を選択することで、ロット単位で個別に原価の管理ができます。

未着(洋上)の状態を管理できますか

出荷登録済み、売上登録前の状態が洋上の扱いになります。洋上の在庫のみリストに出力できます。

仕入は仕入登録済み、入荷登録前の状態が未着品の扱いになります。入荷登録前の在庫は出荷できないように制限されます。

OCRに対応していますか

注文書のOCRに対応しています。指定のメールアドレスに注文書pdf付メールを送付するだけで仮受注データが作成されます。

既存システムとの連携は可能ですか

WEB API、xml、csvによる連携を順次追加していきます。システム連携の構築・初期設定は別途オプションプランにて承ります

アイジスへのデータ投入は当社が提供するAiGS APIを利用してデータ連携(登録)を行うことができます。APIの詳細仕様について担当窓口へお問い合わせください。

通貨は何種類使えますか。伝票ごとに変更できますか。

必要に応じて通貨マスタに通貨を追加・メンテナンスできます。通貨コードは英数3桁で設定可能です。取引通貨は伝票ごとに変更できます。

データの登録方法について、外部データの読込による登録方法はありますか

csvファイルなどを利用した一括取込機能を順次追加していきます。

在庫原価の計算方法はどんなものがありますか

個別法、総平均法、最終仕入原価法を用意しています。

自社の業務のあわせてカスタマイズできますか

各業務にはユーザーが任意の目的で利用できる予備項目を設けております。自社の業務により特化した形でのカスタマイズを希望される方は、国際取引統合システムGXをご検討ください。

推奨環境やセキュリティについて教えてください

推奨環境・サービスレベルについては以下のページを参照ください

推奨環境・サービスレベル

貿易 貿易管理 クラウド